« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

禁断のプラネタリウム

弟くんの仕事をちょっと宣伝。

宗像ユリックスのプラネタリウムに投影されるイラストをうちの弟くんが描いています。
11/11までやってるみたいなので、興味のある方はどうぞ〜。
って私、大学時代天文同好会だったのでめちゃくちゃ興味ありまくりなんですけど‥‥
弟くんが帰省していて、ユリックスで今後の仕事の打ち合わせがあるとかなんとか。
それはぜひ見に行こうと、両親、弟くん、私、こまめ(2歳)でプラネタリウムに行ってきました!

しかし、弟くんの携わったプログラムは大人向け。
こまめは入場できませんでした。
というわけで、私も上映中はこまめのお供でユリックス探検‥‥
「天文好きの私が見ないでどうするんじゃ〜」と思いながらも、両親に息子の晴れ舞台を拝ませてあげました。
このドアを開けば、その先は私の大好きな大宇宙が‥‥でもそのドアには「絶対に開けないで下さい」の非常な一言が!!

今度は絶対、こまめを預けてダンナと来ます!
他にもお子様向けのプログラムもあってなかなかおもしろそうでしたよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ノスタルジックな秋

ふふ、長い間ブログをさぼってました。
もくもく屋も終わり、気がつけば9月半ば?
インドカレー食べながら次回もくもくの打ち合わせしました。
インド人のガラムマサラのさじ加減で、腹が燃えております。
今日の教訓、「インドカレーにはマンゴーラッシー!!」
以上!

さて、このさぼり期に私が何をしてたかと言うと‥
兵庫県のダンナ(たろすけ)の実家でくつろぎ、日帰りで四国は高松に遊びに行ってきました。
13年間住んだ高松、18歳からの青春の地高松、離れて1年と2ヶ月の高松。
行くまではかなりノスタルジックに高松を思い描いていたのに、いざ瀬戸大橋を渡っても高速をおりても、懐かしさが込み上げて来ないのです。
不思議だな〜。
そう、景色も町並みもあまりにも私にとって日常すぎて、まるで夕飯の買い出しにでも走ってる感じでした。

とりあえず、うどん食っときゃなきゃ。
せっかくの平日なのでうどんは「竹清」。
おばちゃんに福岡から来たよって顔出したら驚いてくれた。
毎日めまぐるしく忙しいだろうに、ちゃんと顔を覚えててくれてうれしい。
「陶芸はどうしたんな?」
うう、讃岐弁‥やっと高松に来たって実感が沸々と‥
天ぷらはいつものちくわとレンコン。
激うまでした。

その後、梅さんとこに髪切りに。
たろすけも自分のなじみの床屋へ消えて行った。
日帰りで四国まで来て何やっとんだ?
平日の真っ昼間に私のお相手をしてくれる暇なお友達がいないからってことで。
梅さん、手元も見ずにガハガハ笑いながら髪をすきまくる。
ああ、変わらないな〜。
こんなに髪すいてくれる人にもう出会えないだろうな〜。
カットとカラーで¥4000!!!
また来ます。

さて、実家に戻るカラータイマーもピコンピコン鳴りだした頃にやっとお友達、クミコに会える。
夜は「源内」のカレーうどん!!って狙ってたのに臨時休業。
3食うどんでもいいのにと思ってたのに〜!!
ちょいとぽっちゃりしたらしいクミコに「やせた?」って聞いて二人で大笑い。
いいねえ、このひねくれ加減が。
スープカレー食べながら、楽しい時間はあっという間に過ぎて、「池上のルミばあちゃん」のお土産うどんをありがたくいただいて帰りました。
今度くる時はもっと長く滞在したいな。
昔の家を見に行ったら、ぼろ屋だったから次の入居者が入ってなくて、それが少し寂しかった。
トイレとかTOTOの博物館に飾られてるのを現役で使ってた所だったけど、大好きな家だったな。
たろすけが19才から住んでた家。
雨漏りが天井に溜まって、いきなり滝のように畳に降り注いだ居間。
こまめが初めて寝返りうって、ハイハイして、つかまり立ちした家。
たろすけが家の前の公園で蝉の幼虫何匹も捕まえて、いっせいに羽化を眺めた網戸。
寝てたらムカデが髪の中をわさわさ歩いて行ったっけ。
ここだけかなりノスタルジー。
「家ってすごいな」と思った。
この家を見る為だけにまた来てもいいくらい思い出がつまってる。
みなさんにもこういう「家」ってあるんでしょうね?
Photo
約2年間、高松の家の前にて‥

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »